そもそも薬剤師とは何か

薬剤師とは、医薬品全般の知識を持っている薬の専門家を指します。薬局や病院で処方される薬を患者に説明する役割を求められています。また、薬剤師は医薬品の服用方法を患者に説明するだけが仕事ではありません。実際に薬の調合も行います。加えて、医療用医薬品から一般医薬品までの全ての薬品を販売できる資格を有しているのも、薬剤師の特徴的なポイントです。どの薬がどんな症状に効果的かを最も知っているのが薬剤師なので、薬で分からない点があれば彼らを頼るのが良いでしょう。

全ての薬を販売できるだけの資格を持っている職業なので、就職するためのハードルも高くなります。薬剤師になるには、大学の薬学部を卒業する必要があるため、最低でも6年間は大学生活を過ごすことが求められます。その後、薬剤師国家試験に合格することで、薬剤師としての資格を持てるようになります。

薬剤師の就職先は何処になるのか

薬剤師の職場として分かりやすいのが、薬局や病院、診療所での勤務です。薬局での勤務では、薬の調合や薬の正しい服用方法の指導、薬の飲み合わせのチェックなどが仕事の中心になります。病院や診療所では、薬局と同じような仕事以外に注射薬や点滴の調製と管理、臨床検査などがあります。薬剤師は製薬会社に勤務するケースも考えられます。製薬会社で求められる仕事は、研究や開発、品質管理などがメインになるでしょう。製薬会社の薬剤師は、医師や看護師からの情報を管理して、それを基準に研究を行っているパターンが多いです。他にも卸売販売会社や行政、学校といった場所でも薬剤師の仕事を求められるケースがあります。

薬剤師のシニア求人は第一線から長い間退いていた方でも、すぐに資格を生かした仕事が出来て十分な報酬も得る事が可能です。