大手メーカーでは国内外での実務経験が重視されやすい

大手メーカーが募集しているプラント工事監理求人に応募をするには、国内外での化学製品や機械製品、精密機器など様々なものを扱う工場での監督者の実務経験が必要となることがあります。特に、プラントの設計や保守など幅広い分野に精通した人については、大手メーカーからヘッドハンティングの誘いを受けることもあり、転職後に高収入を得られるケースがあります。また、プラントに関する専門スキルだけでなく、リーダーシップやコミュニケーションスキルに長けた人は、世界中に事業展開を進めているメーカーから重宝される傾向があります。そうした中、自分のキャリアを活かせるプラント工事監理の仕事を選ぶうえで、理系の職種を専門に扱う就職情報サイトやアプリなどを使ったり、転職サポートに定評がある人材紹介会社に登録をしたりするのがおすすめです。

経験が浅い若手のエンジニアを積極採用する企業も多い

自社内でプラントエンジニアの教育をしているメーカーの中には、実務経験者ばかりでなく、新卒者や第二新卒者など経験が浅い若手を積極採用しているところも多くあります。最近では、技術職として就職をしてから数年を掛けて全国各地の工場を回って、先輩社員に仕事を教わりながらスキルアップを図れる仕組みが整っているメーカーが増えています。そうした中プラント工事監理の仕事に関心があれば、各企業の技術者の働き方について調べたり、日々の業務のやりがいや大変さなどを把握したりして、時間を掛けて将来に繋がるメーカーを就職先の候補に選ぶことが大切です。

近年は人手不足によって施工管理の求人が増えていると言われています。入社祝い金を用意している求人も多いので、まとまったお金が欲しい人は積極的に応募しやすい状況となっています。