一人暮らしにぴったりなマンスリーマンションの特徴

一人暮らしをするきっかけは、人それぞれ違います。高校卒業後の進学先の近くに住むために引っ越す人もいれば、就職のタイミングで転居する人、転勤のために一人暮らしを始める人もいるでしょう。新しい地域で住む部屋を探すときに、多くの人は賃貸物件を選択するでしょうが、大学などの進学先を卒業した後に実家に戻る予定があったり、転勤の期間があらかじめ決まっているなら、賃貸物件の他にも、マンスリーマンションという物件のタイプもおすすめです。

マンスリーマンションは、賃貸物件の契約とは違い、週単位や月単位で契約するタイプの物件で、敷金礼金が不必要なところが多く、初期費用の負担が少ないです。部屋には料理や洗濯ができる家電製品や生活に必要な家具が備わっているという特徴があります。一定期間でまた引っ越すとなると、費用も重なりますが、家具や家電も買い揃えたりすることもないのでコストを抑えられます。

マンスリーマンションを選ぶ時の注意ポイント

マンスリーマンションは、ネット上から契約の手続きができる場合も多いため、建物や部屋の下見をせずに、ネットの物件情報だけを見て決めてしまう人も少なくないようです。内見をせずに契約してしまうと、「家具と家電はあるものの劣化している」「あまり清潔ではない部屋だった」など、住み始めてからさまざまな失敗したと感じる点が出てくることもあります。ネットで紹介されている物件情報では、写真が掲載されていますが、実際部屋を見てみたら、ずいぶんと雰囲気が違うと感じることもありえます。一定期間の住まいでも、住環境が悪すぎると転居が必要になることもあるため、建物や部屋は下見しておき、設備や衛生環境を確認しておきましょう。

マンスリーマンションのオーナーとなりそれを他人に貸し出すことで儲ける仕組みがあります。投資として注目されておりセミナーなどが行われています。