スキルを身に付けて管理部門へ就職してみよう

会社の守りの要となる管理部門は、スキルを持っている人が多い部門であるとも言えます。
経理や財務といった数値系を扱う部門、法務や総務といった法律を扱う部門があったりします。
さらに人に関する労務や人事、そして経営全般を担う経営企画といった高度なスキルを要する部門も存在します。

会社を動かしていくのに必要な、幅広い要素を含んだ管理部門は、比較的求人も見つけやすい部門であるといえます。

こんなスキルは重宝されるかも!?

そんな管理部門ですが、就職するには特定のスキルを持っていると近道かもしれません。

最近では社内に法律を専門的に扱う弁護士や、経理を担う公認会計士や税理士、そして労務の専門家として活躍する社会保険労務士の資格を持った、高スキル社員も見られるようになってきました。

そこまでの高スキルは最初は必要はありませんが、何らかの資格を取得していると、人事の目にも止まりやすく就職に有利であるといえます。
特に履歴書に書けるような資格を目指すことは、就職先を探すことだけでなく、ご自身の今後のさらなるスキルアップにも重要です。

例えば、経理であると一番に思い浮かぶのが簿記検定の資格です。3級や2級、そして高度なスキルを持っている方に与えられる1級とスキルアップしていくことができる資格でもあります。

法務ならビジネス実務法務検定の資格も有効です。こちらも3級や2級、そして1級と上を目指していくことができます。

さらに人事労務なら、キャリアコンサルタント資格も社員に対してキャリアアップのアドバイスできるため、非常に有効な資格です。

管理部門で活躍できる資格は他にもたくさんありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

ネットワークエンジニアとは、パソコンのシステム構築や保守管理、プログラム構築に従事する職業です。ネットワークに関する幅広い知識が求められます。